水稲栽培事例 サンビオティックで増収!

田んぼの季節、今年はどうしようか。
そうお考えの皆さんはぜひご参考にされてください。

米はカルシウムとリン酸で簡単に増収できる!

水稲のサンビオティック栽培の試験を2年行い、確実に実績が確認できました。
サンビオティック栽培で、 多くの方が1-2割の増収、 反当り1俵くらいの増収で、
しかも美味しくなったと、とても喜んでいます!


以下、これまで試験した方の声です。
「たったこれだけの違いで2割も増えました!」
「他に肥料をやっていないのに、米のなり方が変わった」
「歩留まりがぜんぜん違う。ぬか漬け用のくず米がぜんぜん取れなくなったよ」
「確かに分けつが違う。倒伏しないし収穫しやすいよね。」

米(水稲)の増収は美味しさを維持しながら。

味にこだわった生産者の事例です。
この方は味を良くするため、無肥料での水稲栽培に取り組んでおられました。

サンビオティックを導入し1年目試験では、なんと6割もの増収が認められました。
まったくの無肥料栽培とサンビオ栽培との比較です。
品種はひのひかりで長崎県西海市での試験でした。
4000 (2)1.jpg
400122.jpg

コシヒカリも腰が強くなって増収!

試験2年目は、コシヒカリでのテストです。試験地は栃木県鹿沼市です。
コシヒカリは腰が弱く、やはり傾伏を心配するためなかなか増収は難しいですね。

では試験結果をご覧ください。
まずは、コシヒカリの写真をご覧ください。
img_20081002T1141358492.jpg
img_20081002T1141339162.jpg
驚くことに8.5俵とってもまったく倒伏の気配はありません
稲が密になっているのでむしろ収穫が楽だったという評価でした。

また歩留まりが良く、くず米がほとんど出なかったのにも生産者は驚いていました。

ヒノヒカリでも分けつ旺盛で増収

下は、ひのひかりでの試験圃場。
サンビオティック栽培で見事な分ケツと実入りが確認できます。背丈が高く、
よく光合成を行なっています。

サンビオティック資材には窒素分はほとんど含まれていないのに、これだけの見事な生育が実現できます。
img_20090424T085532266.jpg
img_20090424T085533888.jpg
こちらは残念ながら、収穫袋を混ぜてしまい、収量の記録ができませんでしたが、
確実に2割は違うとの評価でした。

サンビオティック水稲栽培、今年から試験的に導入してみませんか?

施用方法はマニュアルをご覧ください。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

100%有機原料で、微生物の利用によりリン酸とカルシウムの肥効を高めた肥料。病気に負けない強い生育を助けると同時に、果実等の充実、品質向上、収量アップにも大きな力を発揮します。