裏作の土づくりを兼ねた水稲栽培事例

玉ねぎの産地、佐賀県白石町。
毎年、べと病などの病害についてご相談いただきます。

玉ねぎ栽培の病害について考える時、やはり大切なのは
足りない有機物と微生物を補うための「土づくり」。

裏作の土づくりを兼ねた水稲栽培事例です。

佐賀県白石町のKさんの田んぼ。8月25日の写真です。
IMG_1721_thumb.jpg
田んぼの代かきの時から菌力アップを投入し土づくり。
元肥の肥料も有機百倍鈴成を使用しました。

さすがに力強い生育。ここはやはり、コメどころ佐賀の生産者です。
稲が育つと気分も上がります!

「ほらほら、こっちきてみんしゃーね!(こっちにきてごらん)
やっぱ、良かごたんねー!!分けつのよかし、
止め葉の太かろうが。(止め葉が大きいでしょ)」

IMG_1714_thumb.jpg

笑顔その素敵なKさんが、周りの田んぼとの違いを教えてくれました。
たしかに力強い。丈も高く葉が鋭く、そして稲穂が長いのです。

そしてこちらは、Nさんの田んぼ。
IMG_1739_thumb.jpg
Nさんも、やはり田んぼから土作りに取り組みたいと、サンビオティックに取り組んでいます。

「ほら、穂の重たかごたんろ?(穂が重たそうでしょ?)
こりゃあ、1ー2俵増えるかもしれんばい。
これで坪60株植えよ。なかなか良かやろ?」

栽培しているのは、佐賀で食味が良いと人気のある夢しずく。
収量の多くない品種ですが、今年は9俵以上行きそうだとのこと。
IMG_1745_thumb.jpg
普段は控えめなNさんも意気揚々。
食味と収量。生産者にとってはもっとも大切な部分ですね。
それを追求しながらも、目線は玉ねぎの「土づくり」へとつながっています。

IMG_1758_thumb.jpg

秋の収穫後、このワラが玉ねぎ栽培に大切な土づくりの材料になります。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

微生物入り有機配合肥料「(新)有機百倍」

微生物入り有機配合肥料「(新)有機百倍」

リニューアルしました!植物の栄養生長を支える重要な成分を効率的に吸収するアミノ酸主体のぼかし肥料です。

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

100%有機原料で、微生物の利用によりリン酸とカルシウムの肥効を高めた肥料。病気に負けない強い生育を助けると同時に、果実等の充実、品質向上、収量アップにも大きな力を発揮します。