アスパラガス 水害からの回復事例

佐賀県でアスパラガスを栽培している、
若手農家のYさんの水害からの回復事例です。

IMG_0376.JPG
Yさん、年々少しずつ成績を上げてきたものの、
前年は惜しくも地域4位という結果でした。
さらに良くするためには、もう一つなにか新しい技術が欲しい。。。
そんな時、近隣の玉ねぎ農家の圃場を見に行って、衝撃を受けたのです。

「見てみんですか。玉ねぎの根がポットからはみ出しとっとですよ!」
発根が難しいという玉ねぎのセルトレー育苗で、根が地表面にはみ出して
生えているのです。

驚いて苗を引き抜いてみると、根鉢がびっしり巻いています!
その瞬間にYさんは、「コレだ!」と思ったそうです。


玉ねぎ農家が密かに使っていたのは、菌力アップ
発根促進の効果を見たYさんは、アスパラに使うことを決意しました。


Yさんは早速、菌力アップ糖力アップを取り寄せ、春芽から
それぞれ5L/10aずつ潅水。

ところが前年秋の天候不順の影響で、アスパラの栽培環境は良くありません。
思うように春芽が出ず、周りの仲間に聞いても「今年は春芽は
もう絶望的やねぇ」という状況。


しかしYさんは、菌力アップの手ごたえをすでに感じていました。
立茎を始めたころ、地表に根が飛び出すほどの勢いで発根しているのを
目にしたのです。この調子なら夏芽は期待できる!


ところが、収穫が始まり1日50キロ以上も収穫している最中、
稀にみる大雨が襲来したのです。
IMG_0397.JPG
Yさんの畑も、20cmほども冠水してしまいました。


アスパラは、湿害に弱い作物です。
Yさんは、即座に菌力アップと酸素供給材を潅水して対処しました。

IMG_0398.JPG
するとこれまでの苦労に応えるように、アスパラはメキメキと萌芽を始めました。
水没中にもかかわらず収穫していたというからすごい事です。


後日、お伺いして「水害の後、大丈夫でしたか?」と尋ねてみると、
「お陰様で被害なしですよ!見てください、放線菌が動くからか、
根の張り方が全然違うんです。茎枯れも立ち枯れもほとんどゼロです」

IMG_0385.JPG
夏芽をほぼ毎日40~50kgを収穫し、Lサイズ以上が80%という質と量。
「この調子でいけば、今年こそ表彰されますよ!」新たな技術を手に入れて、
ますますやる気満々のYさんでした。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。