イチゴの萎黄病(いおう病)対策事例2

どん底から這い上がった萎黄病イチゴの大復活

菌力アップを使用した、萎黄病からの回復事例をご紹介します。

「もう3年間、萎黄病でどん底をあじわったよ。」
そうしみじみと仰ったのは、鹿児島県でイチゴ栽培をしているNさん。

Nさんとの出会いは、営農指導員のYさんの紹介でした。
Y指導員は、Nさんのあまりに過酷な状況を見て、もう後がないと思っていました。
IMG_0647.JPG

なにしろこの圃場、3年連続して圃場の2/3が萎黄病で
枯れていくという惨状だったのです。
IMG_0492.JPG
もちろん、毎年土壌消毒をしていましたが、萎黄病は収まるどころか、
年々ひどくなっていたのでした。


Y指導員はNさんを何度も説得し、とにかく菌力アップを試してみてくれと
強く念を押しました。この3年、あれこれ試しましたがすべてダメ。
他に方法はありません。

ようやく意を決し、菌力アップを試してみたい」と、連絡を受けたのは
12月上旬の事でした。

IMG_0318.JPG
この写真が、その時の状況です。萎黄病であちこちに欠株があります。
矮小化している株も大変多く、株の生育はデコボコです。
このままでは、萎黄病は蔓延して、枯れていくのを待つだけという状況です。

「これでダメなら、あきらめんばしよんなか!」寂しそうな顔を見せるNさん。
一通りの使い方を伝え、ひそかに強い祈りを込めて畑を後にしました。

まず応急対策として菌力アップ10ℓを3日おき5回潅水

その後は菌力アップ5ℓを7日おき潅水継続しました。

2週間後、生育が揃ってきた

2週間ほど経ったでしょうか。Mさんからの電話が鳴りました。
IMG_0497.JPG
「どうも良かごたるよ!株の変わってきたばい!」
よっしゃー!手ごたえありです!何とかなるかも知れんと、
喜びがこみ上げてきました。

その後の生育は、見る見るうちに良くなってきました。
訪問するたび、Nさんの声もどんどん明るくなりました。

2月中旬、厳冬期ににも果実はびっしりと成り込み、毎日出荷

2月中旬、あれからわずか2か月です。
IMG_0640.JPG
欠株部分には、刺していたランナーが見事に生育し、
もう他の株と変わりがありません。

葉の光沢状態、果実の成り方は、もはや地域でもトップレベルの圃場と変わりません。
そして、問題の萎黄病は、もう見る影もありません。


菌力アップのお陰で、本当に助かった。本当にありがとう。」
大変厳しい状況を乗り越え、生産者の真剣な思いが実を結んだ、
サンビオティックにとっても嬉しい事例となりました。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。