中玉トマト カニキング~導入増収事例

もうひと押し!さらなる収量アップに「カニキング~」

「なり疲れ対策に、何かいい資材ないですか?」
佐賀県で中玉トマトを作っているNさん。
いつも、より良い技術を探しているとても仕事熱心な生産者です。
IMG_1117.JPG
6年前に修行先でサンビオティックに出会い、その効果に納得。
4年前に新規就農してからは、サンビオティックのほとんどの資材を
使いこなしていらっしゃいます。

それでもまだ上を目指すNさんは、さらなる向上のため、
次に試験する資材を求めていました。
「ありますよ。長期間地力と有用微生物を維持できるカニガラボカシ
「カニキング~」はどうですか?


カニキング~とは、放線菌を増やすことで有名な「カニガラ」と
植物性有機物を発酵させた、キチン質を豊富に含むカニガラボカシです。

もともと収量の多いNさんの畑には、成り疲れしない地力の維持のために、
カニキング~が最適と判断し提案してみることにしたのです。

「いいですね!よし、早速試験してみますよ!」


今回の試験では、サンビオティックの通常の施肥をベースとし、
試験棟には、カニキング~20kgを3袋/5aを元肥に加えて作付しました。

もともと、菌力アップや鈴成などサンビオティック資材をフル活用
していますので、これで土壌微生物相は完全武装となります。


それから約2か月後、Nさんの圃場を訪ねてみました。
「お陰様で、カニキング~で絶好調ですよ。葉がものすごく増えるとですね!
葉かぎが大変って、パートさんが言いよるですよ。(笑)」
IMG_1114.JPG
なるほど、圃場を見回すと葉のボリューム感がすごいです。
実際に、隣のカニキング~を使用ていない圃場と比べると、
大きな違いです。しかも、葉ばかりではなく、実もしっかりとなっています。
IMG_1098.JPG

「実のなり方は、昨年並みですけど、この日照不足と低温を考えれば
伸びてるでしょうね。それに、カニキング~は、後半に期待できますから。」


「今年は反収15トン目指します。これからですよ!」意気込むNさんを、
カニと菌たちが、グ~っと後押ししてくれそうです。