塩類障害?高ECで生育不良のキュウリ回復事例

なんにも出来ん畑で大豊作?信じられん!

「もうこの畑は、捨てようと思うとるとです・・・」
そんな問い合わせをしてきたのは、長崎県のSさん。
「本当にどうしたら良かとでしょうか。誰も教えてくれません。」

イヤジ(忌地)とはこの事でしょう。
Sさんのこの圃場は過去2年もの間、きゅうりを栽培するも
ほとんど収穫できず、写真のような状態。
IMG_2721.JPG
うどんこ病、立ち枯れ病、べと病と、とにかく病気のオンパレード。
連作障害で畑がダメになっている...と諦めかけたSさんは、
一縷の望みを胸に、サンビオティックに相談してこられました。


何とかしないと、、、土を良く見てみると・・・


「Sさん、この畑は随分土が固いですね。何を使ってるんですか?」
「そうなんですよ。堆肥もやってるし、師匠の教えに倣って、
石灰窒素で土壌消毒と元肥を兼ねてやってるんですけど。
それにECが1.4もあるんです。」

Sさんは、不安そうです。
「そのECは、、、でも何か、解決策考えてみましょうか!」
もはや、諦め半分のSさんは、快くご提案を受けてくださいました。


甫場の排水を改善。サンビオティック導入

まずはSさん、排水を良くするため弾丸暗渠を入れ、肥料設計を変えることにしました。

ご提案したのは、五穀堆肥30袋、鈴成10袋と
有機百倍5袋(わざと減らして)を元肥に、
定植後から菌力アップと糖力アップを潅水する設計です。
何とか良くなりますように、、、そんな祈りを残して畑を後にしました。


数日後、Sさんからお電話がありました。
「ちょっと大変ですよ。よりによって、今年の苗は最悪です。
根が全然張ってないんですよ。もうダメですかね?」
IMG_0496.JPG
ただでさえ、不安なSさんでしたが、ここは信じるしかありません。
当初の予定通りに、菌力アップと糖力アップを潅水していただきました。

根が地面に伸び上がってきた!

するとその4日後には、Sさんから喜びのメールがきました。
「びっくりです!もう上根が出てきました!根が地面に伸び上がってきよるとです!」
IMG_1736.JPG
送っていただいた写真には、確かに地面に向かって
飛び出してきた根が写っています。
「やりましたね!根が出れば、もう一安心ですね!」


そして定植から1か月たったころ、様子を見に伺いました。
ハウスに入るなり、すばらしい状態!畑が見違えるようです!
IMG_0323.JPG
「Sさん!すごいじゃないですか!」
「あ、もうこの調子ですよ!最高です!!」
Sさんの満面の笑みから、喜びが伝わってきます。

「この畑で、こんなに良く育ってるのは初めてですよ。
もう何ば植えてもダメだと思っとったんです。何が何だか、、、
本当に信じられんですよ。これからも頼りにしています。
またいろいろ教えてください!」


今では毎日キュウリの収穫に忙しいSさん。
サンビオティックにとっても大変嬉しい事例でした。

この記事で使用した商品

微生物入り有機配合肥料「(新)有機百倍」

微生物入り有機配合肥料「(新)有機百倍」

リニューアルしました!植物の栄養生長を支える重要な成分を効率的に吸収するアミノ酸主体のぼかし肥料です。

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

高級発酵リン酸有機肥料「鈴成」

100%有機原料で、微生物の利用によりリン酸とカルシウムの肥効を高めた肥料。病気に負けない強い生育を助けると同時に、果実等の充実、品質向上、収量アップにも大きな力を発揮します。

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

植物の生育を強力にサポートするアミノ酸やミネラルを豊富に含んだ有機液肥です。