天候不順で不調のキュウリ、10日後には見違えるように回復

天候不順で例年にない日照不足。対処は・・・

今年の天候不順は、生産者の皆さんは本当に頭を抱えてしまう方が多いようです。
長崎できゅうりを栽培されていらっしゃるHさんも、その一人です。

微生物や糖発酵液を自在に使いこなし、腕には自信のあるHさんです。
しかし、今年の天候には首をかしげました。

「こがんおかしかとは初めてよ・・・(こんなに変なのは初めてだよ・・・)」
と、電話をかけて来られました。

畑をのぞいてみると、確かにHさんの畑がこんなに不調なのは見たことがありません。
まわりの農家さんが、キュウリがない時期にもバリバリ収穫していた、
あの雄姿はどこへ、、、という感じです。
IMG_2015.jpg
これがその時の写真です。
葉はスカスカと枚数が少なく、なんとも寂しい感じです。
使い慣れた酵素資材もやっているのですが、なかなか効果がないようです。
IMG_2024.jpg

この写真のような状態。
例年なら、もうどんどん収穫をしているころですが、
小づる、孫づるがほとんど出ておらず、下葉からまるで枯れ上がったかのようです。

まさに徒長型。原因は、例年にない日照不足と高温です。
炭酸同化ができず炭水化物を作り出せない事、
そして作り出せても、夜温が高く、その分を消費してしまっているため、
樹勢が衰えてしまったのだと思われました。

そのため、ほとんどの実が花が咲いた後に、落ちてしまうのでした。
典型的な日照不足の症状です。

日照不足、徒長...崩れたバランスを戻すには

9月末の時点で、ほとんど収穫はゼロ。これまでにない異常な事態です。
IMG_2019.jpg
「Hさん、これはすぐに対処した方がいいと思いますよ。
バランスが戻れば回復するかもしれません。
普通なら10月下旬ごろからやるんですけど、
今から糖力アップをテストしてみませんか?」

これまでのお付き合いで、菌力アップにはとても大きな信頼を寄せているHさんですが
糖力アップの方は、まだあまり魅力を感じていないようでした。

でも、まずはやってみるしかないのです。
「そうやね、じゃあすぐ送ってみて!!」とHさん。
早速テストしてみることになりました。

さすがのHさんの判断と行動の早さ。
届いた糖力アップ、菌力アップをすぐに潅水しました。どちらも反当5リットルです。
そして、花芽促進のため、コーソゴールドを葉面散布しました。

わずか10日後、生長点に勢い。小づる・孫づるが一斉に出た。

そしてHさんから、電話があったのはわずか数日後です。
「(あの糖力アップは)よかごたるよ、見にこんね。」
IMG_2054.jpg
潅水から計10日後、Hさんの畑に伺うと見違えるほどの生育にビックリです。
まるで葉の枚数が3倍くらいになっている感じがします。

まだ、べと病などの痕跡が残りますが、
明らかに生長点は勢いを取り戻し、葉が生き生きとしてきました。

Hさんが喜んでいたのは、この写真。
菌力アップ糖力アップを潅水してからすぐに、
小づる、孫づるが一斉に出てきたというのです。
IMG_2051.jpg
ご覧の通り、花が元気よく咲き、すでにキュウリが何本も成り始めています。
もちろんこの間、天候不順が続き、屋音も下がらず、気象条件は、ほとんど変わりません。

あのとき、菌力アップ糖力アップを潅水していなかったら、
これほどまでに状況が改善したとは考えられません。
たった一回の潅水でこれほど変わるとは、、、

Hさんの表情にも驚きと、なんとか行けそうだと安堵の表情が見えました。

「またやりたかけん(やりたいから)、菌力と糖力持ってきて!!」
多くを語りませんが、Hさんは新しい武器を手に入れたような、満面の笑顔で追加注文してくださいました。

天候不順の時こそ、改めて植物の様子を見て的確に対応をする事が大切です。
菌力と糖力のパワーを思い知った事例となりました。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

植物の生育を強力にサポートするアミノ酸やミネラルを豊富に含んだ有機液肥です。