大ベテランのご両親も認める「今までで一番良か。」ゴーヤ栽培

IMG_2295.JPG

 「ここまで成るって思わんやったですよ。なり過ぎて、支柱が曲がりました。(笑)

と、お電話があったのは、熊本県でゴーヤー栽培をしているUさんです。大ベテランのお父さんの代から引き継いで、二代目農家で頑張っている若手生産者です。

 Uさんは、農業に取り組み始めてまだ数年ですが、お父さんを超えるため、新しい技術や資材に非常に興味を持っています。

 Uさんの、今までのゴーヤー栽培の課題は、どうしてもうどんこ病が出て、収量が下がることでした。土が悪いんだろうか、肥料が悪いんだろうか、、、と悩みながら、なんとか良い方法はないものかと考えていました。そんな折、サンビオティックを知ったのです。

 早速説明を聞いたUさんは、その考え方、ノウハウに、可能性を感じました。

 「今から、取り組んでいいですか?」

 実行力のUさんは、すぐに取り組んでみることにしたのです。Uさんが、使い始めたのは、菌力アップ、糖力アップ、そしてコーソゴールド、本格にがりです。

 果たして、うどんこ病と着果不良を、克服できるのか。Uさん自身も、半信半疑でのスタートです。

 それから、結果はすぐに出始めました。草勢、つまりツル先の勢いが違うのです。これまでの様子と打って変わって、太陽に向かって、ぐんぐん生長するようになりました。

IMG_2221.JPG

IMG_2287.JPG

 「ほんとに効くんですね!言われた通りしたら、肥料の効きがめちゃめちゃ良くなりましたよ!

 再度お伺いしたときには、すでにゴーヤは以前の姿を変え、息を吹き返したような生育です。

 「見てください。もう手入れが間に合わんとですよ!」

IMG_2285.JPG

IMG_2247.JPG

IMG_2250.JPG

 聞いてみると、この畑は水はけが良すぎるため、かなり多めに潅水を行う圃場だったそうです。肥料もかなりの多肥設計で、収量をあげるため、液肥もどんどん流してしました。そのため、チッソ優先の生育となってしまい、ミネラルが足りていなかったのかもしれません。

そこでお勧めしたのが上記の資材です。
菌力アップと糖力アップは、微生物を増やし、根の働きを高めます。さらに、コーソゴールドで雌花を増やし、本格にがりは、ミネラルの働きで病害に強い生育をサポートします。

 やってみたところ、根の張りが良くなり、例年にない生育で驚きました。

 「お母さんから言われましたよ。長年やってきて、今年が一番良かねって。お陰で30cm級のゴーヤーが、どんどんなってますもんね。そいでも、この勢いですよ。すごかです。収量は2~3割増えてますよ。」とUさん。

IMG_2222.JPG

IMG_2226.JPG

 よく見ると、株元には菌力アップから出てきた放線菌が増え、粉を吹いたように出ています。この圃場では、毎年緑肥としてソルゴーを栽培して、すき込んでいます。微生物にとっては、最高の環境が整っていたと言えます。だからこそ、菌力アップをやったときの発根作用も、素晴らしかったんですね。

IMG_2254.JPG

「それに、これだけ勢いがいいのに、うどんこ病が出ないのは、不思議ですね。お父さんも感心してました。今年は本当に良かったです。パイプは曲がりましたけどね!(笑)」とUさん。

 菌力アップだけでなく、糖力アップや本格にがりのミネラルの力があってこそ、この圃場には良かったのかもしれません。
 でも、計算外だったのは、想像以上に成り過ぎて下葉にカリ欠が出てきたことでしょうか。来年はさらなる改善も必要です。植物と微生物の可能性を改めて感じた事例でした。

※本記事は、サンビオティック農業通信第24-0720号記事を加筆修正したものです。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

強力アミノ酸液肥「糖力アップ」

植物の生育を強力にサポートするアミノ酸やミネラルを豊富に含んだ有機液肥です。

植物酵素入り活性液肥「コーソゴールド」

植物酵素入り液肥「コーソゴールド」

植物酵素と発酵リン酸の働きによってリン酸の吸収がよく、果菜類の食味や品質向上、馬鈴薯などの根菜類の肥大、苗の徒長抑制、生殖生長の促進など様々な効果があります。

純国産「本格にがり」

純国産「本格にがり」

最新鋭の製塩プラント(イオン交換膜透析法)で製造された、大変純度の高い純国産の本格的な「にがり」です。