「あまおう」いちごの苗づくり。毎年足りなかったのに、今年は!

 福岡県でブランドイチゴの「あまおう」を栽培されているTさんの事例をご紹介します。

 Tさんの悩みは、毎年苗づくりがうまくいかず、炭疽病や萎黄病などの病気が発生し、苗が足りなくなることでした。Tさんは、足りない苗を補うために、苗を買い足さなければならず、コストがとても圧迫されていました。


 Tさんの育苗方式は、ナイアガラという方式です。上段のベッドに親株を植え、滝のように苗を出す育苗方式です。もともとこの方式は、病気が少なく、少ない面積で育苗できる、ということで採用した経緯がありました。


 ところが、なぜか毎年病気が出てしまいます。
 「換気も消毒も防除も、JAの指導の通りやってるんですけどね。。。」

 
 うまくいかない原因がわからず、悩んでいたTさんに、「育苗から菌力アップでやってみませんか?」と提案すると、可能性を感じたのか、早速チャレンジしたいとのことでした。

 やり方は簡単です。点滴潅水で、菌力アップを200倍希釈で流すだけです。週に2~3回の頻度で流します。点滴なので、使用量はごくわずか。これで病気が減るなら、コストは全く気にならないということでした。

 使い始めてしばらくすると、Tさんから連絡がありました。

 「驚きました、親株がいいんですよ。ランナーの太さも申し分ないですし、数もすごく良く出てます。病気も今のところ全然って感じで、これなら逆に苗が余りそうですよ。」と。

 早速様子をうかがいに、行ってみると、素晴らしい光景がありました。

IMG_2004.JPG

 お電話の通り、太く健康そうなランナーが、沢山出ています。病気の気配は全くなく、葉色はとても良い状態です。

 Tさんが、おもむろに親株を引き抜きました。

 「見てください、根がすごいんですよ。いままでこんなに発根してなかったですもんね。

IMG_2005-1.jpg

 写真ではちょっと分かりにくいですが、確かに、親株には、緻密な細根がびっしりと発生しています。有機物の多い培土も、菌力アップの相性が良かったのか、発根促進効果がしっかり出ているようでした。

 「これで、今年は苗を買わなくて済みます。逆に、売っていいくらいですよ。本当にありがとうございました。」

IMG_2017.JPG

準備された育苗ポットが、待ち遠しいように並んでいました。

ナイアガラ方式では、採苗のタイミングが早いため、活着が問題となりますが、これも菌力アップ100倍希釈を潅水することで活着率が上がることが確認されています。

順調にポットに移されていくのが楽しみです。

イチゴは、苗半作、いや苗八作ともいわれます。原因不明の病害対策には、やはり微生物の力が必要と感じます。良い苗づくりのため、ぜひ菌力アップをご活用ください。

※本記事は、サンビオティック農業通信第24-0720号記事を加筆修正したものです。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。