他メーカーの「にがり」との違いは何ですか?

「本格にがりは」、国内でも周期しかないという大規模はイオン交換膜法製造プラントで製造されています。そのため、塩田法によるにがりや、釜で加熱することで作る海水加熱法などによるにがりよりも、「本格にがり」にはマグネシウムやカルシウムが大変多い(濃い)という特徴があります。
例えば、マグネシウムでは他社にがりよりも、2~4倍も多く含まれています。またカルシウムは、他社にがりでは、まったく含まれていないものも多く、「本格にがり」の優位性があります。また、「本格にがり」は海水の成分が濃縮したものですから塩化物で構成されていますが、他社にがりには、硫化物で構成されているものが多いようです。