使用上の注意はありますか?

高濃度での散布は、まれに障害の可能性があります。特に、気温が高いとき、夏場の日射量が多いときなどは注意が必要です。また、花卉類などの観賞用作物の場合は、特に注意が必要です。
 まずは、1000倍程度の希釈倍率から始め、徐々に濃度を濃くするようにしてください。