効果的な使い方はありますか?

農薬散布の時に、農薬と混用してご利用になると、散布の手間が軽減でき、また農薬の効果を高めるとともに、植物の耐病性、耐虫性を高めることができます。