ミネラル豊富な赤土で「すいかの名産地」のプライドを守る!

 長崎県西海市は、昔は「すいかの名産地」と言われた知る人ぞ知る産地でした。天然のミネラル豊富な赤土土壌で、おいしいすいかができると有名でした。

 ところが、20年ほど前から、少子化や核家族化、また冷蔵庫に入らないなどの理由で、徐々に大玉スイカが売れなくなってきました。今では、当時の生産量から比較すると、数パーセントの産地となってしまったのは、とても残念なことです。suica2MG_0831.JPG

 

 そんな「すいかの名産地」のプライドを、頑なに守り続けている生産者のKさんは、

「すいかが一番おもしろかよ!」といいます。何しろ、露地スイカは、他の作物よりリスクが高いのです。雨が降れば、病気のリスク。カラスやタヌキやイタチなどの鳥獣害。そして相場のリスク。うまくやらないと、とてもリスキーな品目です。

 

そんな中、市場で最も評価の高いのがKさんのスイカです。「スイカは、やっぱり味!」とKさんは言います。suicaIMG_0843.JPG

「玉数の確保と味。これが勝負ばい!!味とシャリ感があれば、絶対高く売れるよ。うちのは、よそより味が良かろう?やっぱり、コーソゴールドば使いよるけんね!味が違うとさ。

 

Kさんは、栽培途中、花がつく頃から収穫までの間に、コーソゴールド500倍希釈液を4~5回は散布します。

時には、農薬と混用して、丁寧に葉面散布をしていきます。

 

「スイカは結構面倒な作業が多かけんね。カラスから見つからんごと、ワラをかぶせたりね。waraIMG_0846.JPG

でも、やったらやった分だけよ。コーソゴールドも、正直言って面倒くさかけど、やっぱり味が良うなるし、秀品率が上がるんよね。もう8年使っとるけど、これは良かね!」

 

 そんなKさんに、最近一番うれしいことを尋ねてみました。

「そりゃあ、息子が跡を継いでくれたことよ。自分が今までやってきたスイカとか、

野菜作りば、息子がやってくれるっていうのは、本当に嬉しかよ。バシバシきたえて、自分の土づくりや栽培の技術をしっかり覚えてもらわんばいかんね!ははは。」oyakoIMG_0905.JPG

と息子さんを前に嬉しそうに笑いました。

「やっぱり、親父にはまだまだ、かなわんですよ。やっとスイカも叩けるようになってきました。もっと勉強せんばです!」と息子さんも謙虚に笑っています。

 

やはり、親が堅実で高収益な農業をやっていれば、後継者は付くものなのかもしれませんね。これからの息子さんの成長が楽しみです。これからも、おいしいスイカを作って儲かる農業を実践し、「すいかの名産地」のプライドを次世代に引き継いでいってもらいたいな、と思いました。

suica3IMG_0896.JPG

この記事で使用した商品

植物酵素入り活性液肥「コーソゴールド」

植物酵素入り液肥「コーソゴールド」

植物酵素と発酵リン酸の働きによってリン酸の吸収がよく、果菜類の食味や品質向上、馬鈴薯などの根菜類の肥大、苗の徒長抑制、生殖生長の促進など様々な効果があります。