ハウス太陽熱消毒の実例!土づくりで8割決まる

回復力がすごい!サンビオティックで遅れ挽回!

農業では、土づくり、苗づくりなど、作付け前の仕事が、生育の8割を決めるとも言います。今回は、その土づくりの中でも、太陽熱消毒の事例をご紹介します。

太陽熱消毒は、正確には「太陽熱土壌消毒法」や「太陽熱養生処理」、最近では農研機構から提案されている「陽熱プラス」とも言われていますね。いずれも、太陽エネルギーが盛んな、梅雨明け~夏の時期を利用して、太陽熱と、微生物による発酵熱を利用した、土壌殺菌の技術です。

右の写真は、イチゴを栽培している佐賀県のMさんのハウスにて、太陽熱消毒を実施しているものです。

Mさんがサンビオティックを知ったのは、以前ご紹介したYさんのご紹介です。今年の3月ごろ、例年よりも暖かい気候と、萎黄病やダニなど、いろいろな生育不良が重なって、過去最も悪いという非常に厳しい状態でした。春先のこれから、という時期に、非常に幸先の悪い状態です。

ご本人曰く「あの時は、ボロボロでしたよ。」という状況だったのです。

ところが、先述のYさんにサンビオティックを勧められたMさんは、早速、菌力アップ、糖力アップ、コーソゴールドの潅水を始めたところ、見る見るうちに樹勢が回復し始めました。やはり、土づくりの重要性でしょう。植物は、肥料と日照だけで育っているわけではないのですね。

微生物による発根促進と、アミノ酸態窒素の供給、植物酵素やリン・カリのバランスがうまくいった結果、一気にイチゴが成りだし、最終的にはシーズン通した成績は坪あたり72パックという、一時の不調から見違えるような成績を収めるに至ったのです。

あのイチゴの回復力はすごいですよ!微生物をなめていましたよ!

と、Mさんは、サンビオティック農業資材の力を納得されたのでした。

サンビオティックで太陽熱消毒を実施!

そこで、「今期は土づくりから!」と、サンビオティック導入による太陽熱消毒に取り組んでいる、というわけです。

太陽熱消毒で、もっとも大切なことは

地中温度を上げること(地中25cmが40℃以上)

その温度を継続すること(積算温度900℃目標)

の2点です。

2017-03-17 027.JPG2017-03-17 034.JPG

(写真左)ハウス内温度       (写真右)地面の温度

そのために、Mさんが実施している注意ポイントが次の項目です。

・良質な有機物を施用する(生米ぬか500kg/10a、牛糞堆肥2トン/10a)

・好気性微生物 菌力アップ(10L/10aを100倍希釈して散布)

・水分率60%(しっとりと湿っていて、手で握ると塊ができるが、崩れやすい)

・透明マルチで水分を逃がさないようにしっかりと被覆すること

・7月20日スタート(佐賀県)

そうやってスタートした太陽熱消毒。今年は、梅雨が長く、なかなか日照が確保できない中、順調に温度が上がっています。

お伺いしたときは、太陽熱消毒の処理開始から10日ほどたっていましたが、ご覧の通り、日中の地面は、70℃弱となっていました。平均は65℃くらいでしょうか。糸状病原菌(フザリウムやピシウム、べと病などの菌)は、地表面に多く生息していますが、この温度なら、まずノックダウンです

2017-03-17 043.JPG

そして、問題の地中の温度ですが、20cm下部分で 47℃でした

これなら、25cm下で40℃は確保できているでしょう

基本的には、太陽熱消毒では40℃の温度帯を2週間程度維持できた深度が、病原菌やセンチュウを駆除・防除できた深度と考えることができます。

これは、カビの仲間や病原性細菌、そしてセンチュウなどが、40℃付近で生育環境としては温度が高く厳しくなってくることにより、弱体化し、または繁殖できなくなること。それに加えて、放線菌やバチルス菌などの微生物にとっては、好適環境となり、そのような病原菌を食べてしまうことで、いわゆる「消毒」という作用を働かせていることになります。

ただし、そのためには、病原菌やセンチュウを弱体化させる40℃が最低でも2週間、出来れば3週間以上継続することが重要です。数時間や数日だけ40℃だと、消毒の効果は、限定的となるんですね。

そのため、積算温度(地中20cm下部分の温度℃×日数)が、900℃を目標とすると良いことになります

太陽熱消毒の2~3週間の間、消毒とはいっても、実際には非常に多くの目に見えない微生物が土の中で繁殖し、盛んに有機物を分解しながら、様々な有用物質を生成したり、土壌団粒化を促進したりしています。太陽熱消毒は、土づくりになる技術でもあるんですね。

これで、次の作付けが楽しみです。

(Mさんにサンビオティックをご紹介したYさんは、イチゴの萎黄病に苦しんでいたところ、サンビオティックの導入により劇的に回復され、好成績を続けているイチゴ農家です。Yさんの事例はこちら

※本事例は、サンビオティック 太陽熱消毒処理マニュアルに沿って、作業を実施しています。

以上、太陽熱消毒、太陽熱養生処理、陽熱プラス処理の実際をレポートしました。ご参考にしてください。

この記事で使用した商品

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

微生物土壌改良資材「菌力アップ」

土壌環境を改善し、有機物を強力に分解する土壌善玉菌を厳選して配合した微生物資材です。

キーワードを入力してください